BLOG

ブログ

SCMコンサルタントとは?年収や仕事内容を徹底解説

SCM(サプライチェーンマネジメント)コンサルタントは、企業のサプライチェーン、つまり製品が原材料から最終消費者の手に渡るまでの全プロセスを効率化し、最適化するための専門家です。この重要な職務は、グローバル化が進む現代ビジネスにおいて、企業の競争力を左右する要因となっています。サプライチェーンの複雑な課題を解決し、コスト削減や効率的な運用を実現するために、深い知識と専門的なスキルが求められます。本記事では、サプライチェーンコンサルタントの役割、必要とされるスキルセット、そしてこの職業が企業にどのような価値を提供するかを探ります。また、この分野でのキャリアを構築する上でのポイントや、業界のトレンドについても触れていきます。

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?

SCMは、製品が生産から最終消費者に届くまでの全プロセスを効率的に管理する戦略的アプローチです。これには、原材料の調達、製造、在庫管理、配送、顧客への販売といった一連の流れが含まれます。SCMの目的は、コスト削減、効率向上、顧客満足度の向上、リスクの軽減です。企業は、サプライチェーンを通じて、リソースを最適に配分し、市場の変動に迅速に対応し、競争上の優位性を保つことが求められます。サプライチェーンの最適化は、企業の成長と利益に直結する重要な要素です。

SCMコンサルタントは?

SCMコンサルタントは、企業の製品供給プロセスを最適化する専門家です。彼らは調達、製造、物流、在庫管理などの各段階で効率とコスト削減を図り、全体のサプライチェーンのパフォーマンスを向上させる戦略を提供します。データ分析、市場のトレンド予測、リスク管理などの専門知識を活用し、企業が市場の変化に迅速かつ効果的に対応できるよう支援します。SCMコンサルタントは、ビジネスの持続可能性と成長を支える重要な役割を果たします。

SCMコンサルタントの仕事内容

SCMコンサルタントの役割は、企業の供給網を通じて製品やサービスが効率的に流れるようにすることで、組織の全体的なパフォーマンスを向上させることにあります。この職種は、サプライチェーンの各ステージを横断的に分析し、コスト削減、生産性向上、リスク管理などを通じて企業価値を最大化する戦略を策定・実施します。以下に、SCMコンサルタントの具体的な仕事内容を詳細に解説します。

調達管理の最適化

企業が必要とする原材料やサービスの調達プロセスを効率化し、コスト削減を実現します。 供給者の選定基準を見直し、価格交渉、契約条件の最適化、品質管理基準の設定などを通じて、調達コストの削減と供給の安定化を図ります。

生産プロセスの効率化

製造プロセスの効率を高めることで、生産コストの削減と出荷までの時間短縮を目指します。レイアウトの最適化、自動化技術の導入、生産スケジュールの調整などを提案し、生産工程の無駄を排除します。

在庫管理の最適化

在庫コストの削減とサービスレベルの維持を両立させます。 在庫分析を行い、過剰在庫の削減、品切れリスクの管理、在庫回転率の改善などの戦略を実施します。

物流・配送の改善

物流コストを削減し、配送の効率を向上させることで顧客満足度を高めます。配送ルートの最適化、運送手段の選定、外部物流業者との協業などを通じて物流プロセスを改善します。

サプライチェーンリスク管理

サプライチェーンを取り巻くリスクを特定し、その影響を最小限に抑える戦略を立案します。リスク評価を実施し、供給中断への備え、需要変動への対応計画、災害時の事業継続計画(BCP)などを策定します。

データ分析とレポーティング

サプライチェーンのパフォーマンスを定量的に評価し、改善点を明らかにします。サプライチェーンに関わるデータを収集・分析し、KPI(重要業績評価指標)を用いてパフォーマンスを測定。レポートを作成し、改善策の効果を検証します。

戦略立案とアドバイザリー

組織の長期的なサプライチェーン戦略を支援し、経営層に対して具体的なアドバイスを提供します。 市場分析、競合分析を行い、サプライチェーンの戦略的位置付けを定義。変化に強い柔軟なサプライチェーンの構築を目指します。

SCMコンサルタントの年収

SCMコンサルタントの年収は、経験、スキルセット、勤務地、そして雇用する企業の規模によって大きく異なります。

アナリスト・コンサルタントクラスの場合、年収はおおよそ400万円から600万円程度でスタートすることが一般的です。マネージャークラスのコンサルタント、特に専門的な知識や豊富な実績を持つプロフェッショナルでは、年収は800万円を超え、場合によっては1,500万円以上に達することもあります。

大手コンサルティングファームや、デジタル変革に積極的な企業では、さらに高い報酬が期待できる場合があります。また、プロジェクトの成功に貢献することで、ボーナスやインセンティブが支給されることもあります。

首都圏や特定の専門分野で活躍する場合、または国際的なプロジェクトに携わる場合は、年収がより高くなる傾向があります。実際の年収は個人の能力や市場の需要によって変動する可能性があります。

SCMコンサルタントに必要なスキル

SCMコンサルタントは、企業のサプライチェーンを最適化し、ビジネスの効率化とコスト削減を実現するための重要な役割を担います。この職種には、専門的な知識と技能が幅広く求められます。以下では、SCMコンサルタントに必要なスキルをさらに詳細に解説します。

サプライチェーン管理の専門知識

調達から製造、物流、在庫管理に至るまで、サプライチェーンの全体像に対する包括的な理解が必須です。この知識を基に、サプライチェーンの効率化、コスト削減、およびリスク管理の戦略を立案します。 サプライチェーンの各ステージにおける潜在的な問題点を特定し、実行可能な改善策を提案する能力が求められます。

データ分析能力

大量のデータから有益な洞察を抽出し、データに基づく意思決定を支援します。分析ツールやプログラミング言語(例:Excel, SQL, Python)を駆使して、データを効果的に処理・解析します。正確なデータ分析によって、サプライチェーンのパフォーマンスを定量的に評価し、具体的な改善点を特定することが可能になります。

プロジェクト管理スキル

複数のプロジェクトを効率的に進行させるための計画、実行、監視、制御のスキル。チームメンバー、ステークホルダーとの効果的なコミュニケーションと調整が必要です。プロジェクトの目標を時間内に、予算内で達成し、期待される成果を確実に提供する能力が求められます。

問題解決能力

複雑な課題に直面した際に、論理的かつ創造的なアプローチで効果的な解決策を導き出す能力。分析的思考と創造的思考をバランス良く用いることが重要です。SCMにおける予期せぬ問題や課題を迅速かつ効率的に解決し、プロジェクトを成功に導くために不可欠です。

技術的な知識

ERPシステムやクラウドベースのサプライチェーン管理ツールなど、最新のテクノロジーに関する知識。これらのツールを活用してサプライチェーンの可視性を高め、プロセスを自動化します。効率的なサプライチェーンの構築と運用には、適切な技術的ソリューションの選定と導入が欠かせません。

コミュニケーション能力

クライアントやチームメンバーとの明瞭かつ効果的なコミュニケーション。プレゼンテーションスキルや説得力のあるコミュニケーションが必要です。プロジェクトの目標や改善策を関係者に正確に伝え、サポートを得るために必要です。

適応性と柔軟性

急速に変化するビジネス環境や市場の動向に対応する能力。新しい情報や手法への柔軟な適応が求められます。継続的な改善とイノベーションを実現し、企業が競争優位性を維持するために不可欠です。

SCMコンサルタントが年収アップするためのおすすめの資格

SCMコンサルタントとしての専門性を高め、年収をアップさせるためには、資格取得が効果的です。ここでは、SCMコンサルタントの年収アップに繋がるおすすめの資格についてご紹介します。

APICS認定資格(CPIM、CPCP)

APICSは、サプライチェーンとオペレーション管理のプロフェッショナルのための国際的な組織であり、世界中で高く評価されています。特に、以下の二つの資格はSCMコンサルタントにとって有益です。

CPIM (Certified in Production and Inventory Management)

生産と在庫管理に関する深い知識とスキルを認定する資格です。SCMの核心部分を学ぶことができ、生産管理や在庫管理の専門家としての地位を確立することができます。

CPCP (Certified Supply Chain Professional)

サプライチェーン全体に関する包括的な知識を認定する資格です。製造業から流通業まで、多岐にわたる業界での専門家として活躍することが期待されます。

これらの資格を取得することで、専門知識とスキルを証明し、さらなるキャリアアップを目指すことができます。特に、国際的なプロジェクトや大手企業との取引を増やすためには、このような国際的な資格は非常に役立ちます。SCMの分野は広範であり、APICS以外にも様々な資格が存在します。例えば、輸入・輸出業務に関する資格、物流関連の資格、dxやサプライチェーンの最新技術を活用した資格など、自分のキャリアの方向性や興味に応じて選択することができます。

関連記事:フリーランスのコンサルタントは資格が必要?持っておくべき資格とは?

SCMコンサルタントの将来性

近年、製造業から流通業、サービス業まで、サプライチェーン管理(SCM)の重要性が高まっています。この背景には、技術の進化やグローバル化の影響が大きいです。それでは、SCMコンサルタントの将来性について、深堀りしてみましょう。

現状の市場

SCMコンサルタントは、企業の供給連鎖の最適化をサポートする役割を果たしています。そのため、多くの企業が導入を進めるdx(デジタルトランスフォーメーション)やサプライチェーンの取り組みにおいて、不可欠な職種となっています。

SCMコンサルタントの仕事の多様性

SCMコンサルタントとして働く際の選択肢は広がっています。大手コンサルティング企業での勤務、フリーランスとしての活動、特定の製造業やサービス業での専門家としての職務など、多岐にわたります。また、専門的なスキルや資格を持っていれば、さらに多くの求人やプロジェクトに関わっていくことができるでしょう。

技術の進化との関連性

近年の技術の進化、特にAIやIoTの導入が進む中、SCMも変革の時代を迎えています。これらの技術と連携したサプライチェーンの最適化が求められており、これに対応するための専門知識やスキルがSCMコンサルタントには必要とされます。

将来の見通し

SCMコンサルタントの将来性は、非常に明るいと言えます。特に、グローバル化が進む中で、国際的なサプライチェーンの最適化を図る企業が増えている現在、語学力や異文化理解の能力を持つSCMコンサルタントは、大きな価値を持っています。さらに、未経験からの転職を考える方々にも、継続的な研修や教育を通じて、高いスキルを獲得するチャンスが広がっています。SCMコンサルタントは、今後も高まる需要と共に、その役割や価値が増していくことが予想されます。専門的な知識やスキル、そして熱意を持ち続けることで、この分野での成功とキャリアアップが期待できるでしょう。

SCMコンサルタントになるには

SCM(サプライチェーンマネジメント)コンサルタントになるには、サプライチェーンの各プロセスに関する深い理解と、ビジネスを改善するための実践的なスキルが必要です。以下に、SCMコンサルタントを目指すためのステップを紹介します。

教育と基礎知識の習得

まず、SCMに関連する分野(例:ビジネス管理、工業工学、物流管理など)で学士または修士の学位を取得し、サプライチェーンの基礎を学びます。さらに、MBAやサプライチェーン管理の修士号を追求することで、専門知識と戦略的思考能力を深めることが可能です。

専門スキルと技術の習得

SCMコンサルタントとして成功するには、調達、製造、物流、在庫管理といったサプライチェーンの各段階に関する深い知識が必要です。また、データを分析しインサイトを導き出す能力も重要であり、Excel、SQL、Pythonなどのデータ分析ツールの使用経験が有利です。プロジェクト管理スキルと効果的なコミュニケーション能力も必須です。

関連資格の取得

APICS CPIMやCSCPなどのサプライチェーン管理に関連する資格を取得することで、自身の専門性を証明し、キャリアアップにつながります。これらの資格は、専門知識の幅を広げ、業界内での認知度を高めるのに役立ちます。

継続的な学習とネットワーキング

業界イベントへの参加や継続的な学習を通じて、最新のトレンドやテクノロジーに対する理解を深めることが、変化し続けるサプライチェーン業界で成功するためには不可欠です。これらの活動は、知識のアップデートはもちろん、貴重なネットワーキングの機会を提供します。

SCMコンサルタントとは?まとめ

SCMコンサルタントとしてのキャリアは、サプライチェーン管理の専門知識と実務スキルを活かし、企業の競争力強化に貢献するやりがいのある職業です。グローバル市場の動向を理解し、技術進化に対応できる柔軟性が求められます。本記事では、この魅力的な職種の仕事内容、必要なスキル、年収の展望を解説しました。将来のビジネス環境変化に対応するためには、SCMコンサルタントとして継続的な学習と成長が不可欠です。サプライチェーンの最適化を通じて企業の発展をサポートし、自身のキャリアを築き上げましょう。

フリーランスのコンサルタントはTHE CONSULへの登録がお勧め

フリーコンサルタントの登録や案件紹介を行うTHE CONSULは、フリーランスのコンサルタント経験者同士が、利用者目線で徹底的に「こんなサービスがあったらいいな」を考え抜いた、フリーランスのコンサルタント向けマッチングプラットフォームです。

現役コンサルタントがサービス提供しているため、案件の解像度を高めることができ、案件参画後のギャップを最小限に抑えることを実現しています。

また、エンドクライアントからの直案件、あるいは元請からの案件と浅い商流に拘り手数料も業界最安水準(8%~)で設定しており、登録者の報酬を最大化する仕組みが整っています。

今後フリーランスのコンサルタントとして活動してみたいという方向けに、経験者によるご相談もご用意しております。まずはお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする:
Shine Craft株式会社 代表取締役 濱口浩平
監修者
濱口浩平
Shine Craft株式会社 代表取締役
・2008年野村総合研究所入社、外資コンサルティングファームを経て、2015年よりフリーコンサルタントして活動開始。これまで、IT戦略、DX推進、新規事業策定、PMO、システム導入など幅広いプロジェクトを経験。
・2022年Shine Craftを共同創業
記事一覧へ戻る

CONTACT

お問い合わせ

当社には元フリーコンサルタントが複数名在籍。
今後コンサルタントとして独立をお考えの方、キャリア形成にお悩みの方からのご相談もお受けしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

無料コンサル登録はこちら