BLOG

ブログ

女性のフリーランスってどうなの?女性にフリーランスをおすすめする理由とは?そのメリットは?

Contents

フリーランスとして働く女性の数は近年増加しており、その背後には多くのメリットや魅力が存在します。特に、女性ならではのライフスタイルや価値観を持つ方にとって、フリーランスという働き方は非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

この記事では、現役フリーコンサルタントの筆者が女性がフリーランスとして働くメリットや、その背後にある要因について詳しく解説します。

フリーランスとして働く女性の現状

フリーランスとして働く女性の現状は実際どうなのでしょうか?収入面や年齢、労働時間など詳しく見ていきましょう。

平均的な収入

フリーランスとして働く女性の収入は、職種や経験、スキル、市場のニーズによって幅広く変動します。日本の最新の調査によれば、フリーランスの女性の平均的な年収は400万円~600万円程度とされています。しかし、これはあくまで平均的な数字であり、具体的な収入は個人の能力や専門性、そして受ける仕事の量や質によって大きく左右されます。

特に専門的なスキルや資格を持つ女性は、その知識や経験を生かして高収入を得ることが可能です。例えば、IT関連のプロジェクトマネージャーやデザイナー、プログラマーとしての経験を持つ女性は、そのスキルを活かして年収800万円~1,200万円を超えることも珍しくありません。

さらに、コンサルタントや専門家としての業務を行う女性は、その専門知識を活かして、企業からの高額な依頼を受けることが期待できます。ビジネスコンサルタントやマーケティング専門家としての経験を持つ女性は、特定のプロジェクトに関連するアドバイスや導入のサポートを提供することで、一つのプロジェクトあたり数十万円から数百万円の報酬を得ることが珍しくありません。

しかし、高収入を得るためには、市場のニーズをしっかりと把握し、自分のスキルや経験を適切にアピールする必要があります。また、フリーランスとしての働き方には不安定な側面もあるため、収入の計画や節約、資金の管理も欠かせません。フリーランスとして働く女性の収入は、職種やスキル、市場の動向によって大きく変わります。しかし、自分のスキルや経験をしっかりと活かし、市場のニーズを捉えることで、高収入を得ることも十分に可能です。安定した収入を求めるのであれば、専門的なスキルや資格の獲得を考えるとともに、マネジメントのスキルも身につけることがおすすめです。

平均的な年齢

フリーランスとして働く女性の年齢層は幅広く、その背景にはさまざまな要因が影響しています。最新の調査データによれば、フリーランスの女性の平均年齢は約35歳とされています。この数字は、フリーランスとしての働き方が多様であること、そして各世代で異なる生活のニーズや価値観が反映されていることを示しています。

20代のフリーランス女性は、新たなスキルや経験を積むためのステージとして独立を選ぶことが多いです。新卒での就職を避け、自分のペースでキャリアを築きたいという思いや、新しい働き方に対する期待が高いことが特徴です。彼女たちは、自由な働き方を通じて、新しい技術や方法を学ぶことで市場価値を上げていくことを目指しています。

一方、30代は家庭を持つ女性が多く、子育てと仕事を両立させたいというニーズからフリーランスとしてのキャリアを選択するケースが増えています。柔軟な勤務時間やリモートワークを選択することで、子供の成長を見逃さずにプロとしても成長することが可能です。

40代以上の女性は、長年培った経験やスキルを活かし、より高収入を目指すことが一般的です。この年代の女性は、キャリアのピークを迎え、専門家やコンサルタントとしての役割を強化しています。また、仕事に対する達成感や自己実現を求める動機も強くなってきます。

平均的な労働時間

フリーランスとして働く女性の労働時間は、個人のライフスタイル、専門分野、仕事の繁忙度などによって大きく変わります。最新の調査によると、フリーランスとして活動する女性の平均的な労働時間は週に40〜45時間とされています。しかし、この数字は一概に定められるものではなく、実際の働き方は多種多様です。

初心者や独立して間もないフリーランスの女性は、仕事を安定させるためやスキルアップのために、週に50時間以上働くことも少なくありません。また、仕事を確保するための営業活動や新たなスキルの習得、自己ブランディングの取り組みなど、直接の仕事以外の活動にも時間を費やすケースが多いです。

逆に、経験豊富で定期的なクライアントがいるフリーランサーの中には、週に30時間以下で効率よく稼ぐ女性もいます。特定の分野での専門家としての評価が高い、または長期契約のプロジェクトを持つ女性は、自らの働き方や時間の管理が容易になります。

また、家庭との両立を重視する女性や、複数の仕事やプロジェクトを掛け持ちしている女性は、その週の仕事量やプライベートの事情に応じて、柔軟に労働時間を調整することが多いです。子育て中の女性などは、子供の都合に合わせて短時間だけ働く日と、集中して長時間働く日を交互に設定することも一般的です。フリーランスの女性の平均的な労働時間は週40〜45時間ですが、その背後にはさまざまな働き方やライフスタイルが存在します。一人ひとりの価値観や目指すライフスタイルに合わせて、最も適した働き方を模索し、労働時間を調整する自由がフリーランスの最大の魅力の一つと言えるでしょう。

女性がフリーランスとして働くメリット

女性がフリーランスとして働いている現状を見てきましたが、次は女性がフリーランスとして働くメリットについて探っていきたいと思います。

その女性の置かれている状況に合わせて働ける

女性がフリーランスとして働く最も魅力的な点の一つは、その状況やライフステージに合わせた働き方ができること。これは単なる職種の選択や仕事の内容だけでなく、働く方法や環境、さらには仕事の量までをも女性自身がコントロールできることを意味します。

子育てとの両立

例えば、子育て中の女性にとって、フリーランスは非常に魅力的です。子供の成長に合わせて、フレキシブルに時間を使い分けることができるので、学校の行事や突然の体調不良などの際に、すぐに対応することができます。また、子供が昼寝をしている間や夜寝てからの数時間を利用して仕事を進めることも可能です。

独自のスキルや資格を活かした仕事選び

また、特定のスキルや資格を活かしたい場合、フリーランスはその専門性を最大限に発揮する場として最適です。特に、一般的な企業では提供できないサービスやコンサルティングを行いたい女性には、フリーランスの働き方がおすすめです。

ライフステージの変化に柔軟に対応

更年期や高齢になった際も、フリーランスはその時々の体調やライフスタイルに合わせて働き方を調整することができます。通勤が困難になった場合や、一日の中で活動的に動ける時間が限られてきても、自分のペースで仕事を進めることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

自分の価値観や目標に合わせたキャリア形成

企業勤務では与えられた役割や業務をこなすことが主となることも少なくありませんが、フリーランスでは自分の価値観や目標に合わせたキャリア形成ができます。自分の興味や関心を追求し、それを仕事に結びつけることで、より充実感を得ながら働くことができます。

人間関係が楽になる

フリーランスとして働くことには多くのメリットがありますが、その中でも特に女性にとって大きな魅力の一つは、人間関係のシンプルさです。企業勤務や団体活動においては、職場の人間関係がストレスの原因となることが少なくありません。フリーランスとして働くことで、そのようなストレスから解放される可能性が高まります。

直接の上司や同僚がいない

フリーランスとして働く場合、直接の上司や同僚が存在しないため、業務に関連した人間関係のトラブルを避けることができます。これにより、会社内での派閥や対立を避けられるため、仕事に集中しやすくなります。

業務の交渉がシンプル

仕事の内容や報酬、期間などの業務交渉が、クライアントとの直接のコミュニケーションを中心に行われるため、中間マージンや誤解を最小限に抑えることができます。

職場のゴシップから距離を持つ

企業内のゴシップや無駄な競争から離れることで、メンタル的なストレスを大幅に減少させることができます。これにより、自分の能力やスキルを最大限に発揮することができます。

自分のペースでコミュニケーションをとる

フリーランスは自分のペースでコミュニケーションを取ることができるため、無理に社交的である必要がなく、自分らしさを保ちながら仕事に取り組むことができます。

ネットワーキングの質が向上

必要な時に、必要な人とのネットワーキングを重視することで、より有意義な関係を築くことができます。このようにして築かれた関係は、ビジネスの成果に繋がることが多いです。

体調管理がしやすい

女性のフリーランスとしての働き方は、体調管理において大きなメリットを持っています。企業勤務と比較して、自分のペースで仕事を進めることができるため、体のサインにしっかりと応えることができます。以下は、フリーランスとして働く女性が体調管理をしやすい理由です。

自分のリズムで働ける

フリーランスは、自分の最も活動的な時間帯に合わせて作業をスケジュールすることができます。例えば、朝型の人は早朝に、夜型の人は夜間に作業を行うことができます。

休憩の取りやすさ

企業勤務では休憩の取り方が制限されることが多いですが、フリーランスは自由に休憩を取ることができます。短時間の休憩を何度も取ることで、疲労を蓄積させずに作業を継続することが可能です。

自宅での仕事

フリーランスの多くは自宅でのテレワークを選択します。これにより、体調が優れない日でも、リラックスした環境で仕事を進めることができます。

食事管理の自由度

自宅や好きな場所での作業を選択することで、食事の時間や内容に柔軟性を持たせることができます。バランスの良い食事をとることで、体調を保つことが容易になります。

ストレスの低減

フリーランスとして働くことで、職場の人間関係や通勤ストレスから解放されるため、心身のストレスが大きく低減します。これが体調管理にポジティブに影響する要因の一つです。

必要に応じて医療機関を受診

一般的な企業勤務では、仕事の都合で医療機関の受診を避けがちですが、フリーランスは自分の体調を最優先に考え、適切なタイミングでの受診が可能です。

女性がフリーランスで働きやすい仕事7選

ここから、フリーランスとして働く女性におすすめの職種を一覧でご紹介します。

職種内容必要なスキル・資格期待すること
事務職データ入力、スケジュール管理、電話対応など、オフィスでの業務を自宅や好きな場所で行う仕事。エクセルやワードの基本操作、タイピング速度など。柔軟な働き方が可能で、事務経験を生かして活動できる。
翻訳英語、中国語、韓国語などの外国語の文章を日本語に翻訳する仕事。TOEICやJLPTなどの言語資格。翻訳の実務経験があると有利。高収入を目指せる職種で、外国語スキルを活かせる。
家事代行掃除や洗濯、料理などの家事を代行するサービス。特定の資格は不要だが、家事のスキルや経験が求められることも。空いた時間に短時間で働け、日常のスキルを活かせる。
ライターWeb記事、広告コピー、ニュース記事など、様々なテーマでの執筆業務。文章力。専門知識があれば、特定の分野での執筆が可能。どこでも働ける職種で、自分の専門知識や興味を活かして記事を書くことができる。
Webデザイナー企業や個人のウェブサイトのデザインを行う仕事。PhotoshopやIllustratorの操作知識、HTML/CSSの基本的な知識。高収入を得られる職種の一つ。クリエイティブな仕事を求める人におすすめ。
エンジニアソフトウェアやアプリの開発、システムの設計や運用など。プログラミング言語の知識、関連する資格や経験。高い専門性が求められる職種で、専門的なスキルを活かして高収入を得ることが可能。
コンサルタント企業の経営課題を解決するためのアドバイスや提案を行う仕事。MBAや経営の専門知識、コンサルティングファームでの経験など。専門的な知識を活かし、企業の成長をサポートする役割。

女性がフリーランスとして働きやすい仕事をいくつか紹介しました。

各職種には独自の魅力や要求されるスキルがありますので、自分の得意分野や興味を持つ分野を見つけ、フリーランスとしてのキャリアを築いてみてはいかがでしょうか。

関連記事:フリーランスコンサルタントの独立メリット・デメリットは?経費や税金は?

フリーランスに向いている女性は?

フリーランスとしての働き方は、多くの自由や柔軟性をもたらします。しかし、この働き方には特定のスキルや資格、そして性格が求められることも。それでは、具体的にどんな女性がフリーランスに向いているのでしょうか?

自己管理ができる

フリーランスとして働く際、自分の時間やタスク、スケジュールを管理する必要があります。効率的に仕事を進め、期限を守ることが求められるため、自己管理のスキルは不可欠です。

このスキルは、多様な職種や業務での導入が期待され、特にフリーランスとしての仕事の進め方において、その違いを明確にする要素となります。

コミュニケーション能力がある

顧客やパートナーとのコミュニケーションは、フリーランスの仕事の中で極めて重要な役割を果たします。明確なコミュニケーションをとることで、誤解を避け、スムーズな業務進行を保証します。 コミュニケーションの方法やツールの導入も、フリーランスとしての効率的な働き方をサポートします。人気のコミュニケーションツールを活用することで、遠隔地からでもスムーズなコミュニケーションが可能です。

成長意欲がある

フリーランスとしてのキャリアを続けるためには、常に最新の知識やスキルの習得が必要です。新しい技術やトレンドに敏感で、学び続ける意欲がある女性は、フリーランスとしての成功が期待されます。

成長意欲が高い女性は、新しい職種やサービスの導入、またはコンサルタントとしての役割も担うことができ、多岐にわたる仕事の機会を得ることができます。

女性がフリーランスとしてスタートするには?

女性がフリーランスとしてスタートするためには、いくつかのステップと注意点が存在します。ここからは、女性がフリーランスとしてスムーズにスタートするための方法やプロセスについて詳しく解説します。

フリーランスになる目的をはっきりさせておく

フリーランスとして働く目的や期待を明確にすることが重要です。自分のスキルや資格を活かしてどのような仕事を目指すのか、また、その仕事を通じて何を得たいのかを考えましょう。

目的が明確であれば、必要なスキルや資格の取得、そして関連する職種へと幅を広げていくことがスムーズになります。

家族の理解を得る

フリーランスという働き方は、家族とのコミュニケーションが鍵となる場合もあります。家族のサポートや理解を得ることで、安心して仕事に取り組むことができます。家族との期待値の違いや役割分担について、早めに話し合っておくと良いでしょう。

開業の手続きをする

フリーランスとして正式に開業するには、法的な手続きが必要です。所在地の役所や行政書士との相談を通じて、適切な方法での開業を目指しましょう。また、専門家やコンサルタントのサービスを利用することで、手続きのプロセスをスムーズに進めることができます。

税金面の知識を得ておく

フリーランスとして働く場合、税金に関する知識は必須です。確定申告や節税対策など、適切な知識を持つことで、安心して仕事を続けることができます。会計事務所や税理士との連携もおすすめです。彼らのサービスを活用することで、税金に関する専門的な知識を身につけることができます。

案件を獲得する

フリーランスとしての活動を始めるには、仕事の案件を獲得することが最も重要です。自分のスキルや経験を活かして、適切な案件を見つける方法を探求しましょう。案件を獲得するための人気のプラットフォームやネットワークを利用すると、効率的に仕事の機会を増やすことができます。

女性のフリーランスが仕事を獲得する5つの方法

フリーランスとして働く女性が新しい仕事を見つける方法はいろいろあります。ここでは、、最もわかりやすく、誰でも始められる5つの方法を紹介します。これらを実践することで、あなたもフリーランスとして成功の道を歩むことができるでしょう。

オンラインプロファイルの構築

ご自身のスキルと経験を示すポートフォリオを作成して、オンラインで公開します。LinkedInなどのプラットフォームを利用すると良いでしょう。また、X(旧Twitter)やInstagramなどのソーシャルメディアを活用して、自分の作品や活動を共有しましょう。これは、潜在的なクライアントとのつながりを作る手段となります。

ネットワーキングとコミュニティへの参加

フリーランス関連のイベントやワークショップに参加して、業界の人々とのネットワーキングを図ります。実際に会うことで、強い印象を残すことができます。SlackチャネルやFacebookグループなど、フリーランスのためのオンラインコミュニティに参加することも有効です。

フリーランス向け案件紹介サービスの利用

フリーランス向け案件紹介サービスを利用すれば、多様な仕事を見つけることができます。プロフィールを充実させ、自身のスキルや経験を活かせる案件に応募しましょう。

リファレンスと口コミの活用

過去に提供したサービスに満足したクライアントに、リファレンスや推薦文を依頼します。新規クライアント獲得に大きな影響を与えます。また、ご自身のサービスを友人や家族に紹介してもらい、新しいクライアントとのつながりを作ることも一つの方法です。

パーソナルブランドの構築とマーケティング

自分の専門知識を共有するブログを書いたり、YouTubeチャンネルを開設したりして、オンラインでの存在感を高めます。これは、潜在的なクライアントに自分のスキルと知識を示す機会となります。

女性のフリーランス向け案件紹介エージェント・サイト7選

フリーランスの女性が案件を獲得するために活用できるエージェントやサイトは多数あります。これらのプラットフォームは、様々なスキルセットや業界に特化していることがあり、あなたの専門分野やキャリアの目標に合わせて選ぶことが重要です。以下に、フリーランス案件を探す際に有用なエージェントやサイトをいくつか紹介します。

クラウドワークス (CrowdWorks)

日本最大級のクラウドソーシングサービスの一つで、デザイン、ライティング、プログラミングなど多様なジャンルの案件があります。初心者からプロまで幅広く対応しており、自分に合った仕事を見つけやすいです。

ランサーズ (Lancers)

クラウドワークスと並んで日本で人気のクラウドソーシングサイトです。幅広いカテゴリーの仕事があり、個人のスキルや経験に合わせて様々な案件に応募することができます。

レバテックフリーランス

IT・Web業界に特化したフリーランスエンジニアやデザイナー向けのサービスです。専任のコーディネーターが案件の紹介から契約、フォローアップまでサポートしてくれます。

ミッドワークス (Midworks)

ITエンジニアやデザイナーに特化したフリーランスの案件を扱うサービスで、高品質な案件が多いことで知られています。専任コーディネーターによる丁寧なサポートも魅力の一つです。

シュフティ (Shufti)

主に女性フリーランサーを対象としたクラウドソーシングサービスで、ライティングやデザイン、データ入力など軽作業から専門的なスキルを要する仕事まで幅広く扱っています。女性ならではの細やかなサポートが特徴です。

ポテパンフリーランス

Web系のフリーランスエンジニアやデザイナー向けに特化した案件を提供しているサービスです。企業とフリーランサーのマッチングだけでなく、キャリアアップを目指す人にも適した案件が多いです。

クリエイターズマッチ

クリエイティブ業界に特化した案件を提供しているサイトで、デザイナー、イラストレーター、ライターなど幅広いクリエイターが利用しています。個々のスキルや経験を活かせる仕事を見つけやすいです。

女性フリーランスのよくある質問と回答(Q&A)

フリーランスとして働き始める前や働き始めたばかりの女性がよく抱える疑問や懸念への回答を紹介します。

質問:フリーランスとして働く上で、女性が直面する一般的な課題は何ですか?

回答:女性フリーランスが直面する課題には、不安定な収入、案件獲得のための高い競争、仕事と家庭生活のバランスの維持、専門性やスキルの維持と向上、クライアントからの適切な評価を得ることなどがあります。また、一部の業界では性別に基づく偏見に直面することもあります。

質問: フリーランスとして成功するためのコツは何ですか?

回答:成功の鍵は、自己管理能力の向上、スキルセットの常時更新、ネットワーキングを通じた関係構築、適切な価格設定、プロフェッショナルなオンラインプレゼンスの構築、そしてクライアントとの良好なコミュニケーションです。また、自分の健康とウェルビーイングを優先することも重要です。

関連記事:コンサルタントが独立しフリーランスになったら年収はいくら?単価の決め方や上げ方も紹介

質問: 家庭と仕事のバランスをどのように保ちますか?

回答:仕事と家庭のバランスを保つためには、明確な仕事時間の設定、仕事場とプライベート空間の物理的な分離、タスクと時間の効率的な管理、そして休息とリラクゼーションのための時間を確保することが大切です。また、家族の理解とサポートを得ることも重要な要素です。

質問: フリーランスとしての収入を安定させるにはどうしたら良いですか?

回答:収入を安定させるためには、複数の収入源を持つこと、長期契約の獲得、定期的なクライアントの確保、財務計画と予算管理のスキルを身につけることが重要です。また、緊急時のための貯蓄や保険への加入も考慮すべきです。

質問:フリーランスとしてのスキルアップはどのように行うべきですか?

回答:スキルアップには、オンラインコースやワークショップへの参加、関連書籍の読書、業界イベントへの参加、メンターや同業者との交流を通じて最新のトレンドや技術を学ぶことが有効です。また、新しいプロジェクトに挑戦することで実践的な経験を積むことも大切です。

女性のフリーランスってどうなの?女性にフリーランスをおすすめする理由とは?そのメリットは?まとめ

女性がフリーランスとして働くメリットをいくつかご紹介してきましたが、

働き始めるためには、上記のステップや注意点を踏まえることが重要です。正しい知識と準備を持つことで、女性フリーランスとしてのキャリアをスムーズにスタートさせることができるでしょう。自分に合った働き方を見つけ、充実したフリーランスライフを楽しみましょう!

フリーランスのコンサルタントはTHE CONSULへの登録がお勧め

フリーコンサルタントの登録や案件紹介を行うTHE CONSULは、フリーランスのコンサルタント経験者同士が、利用者目線で徹底的に「こんなサービスがあったらいいな」を考え抜いた、フリーランスのコンサルタント向けマッチングプラットフォームです。

現役コンサルタントがサービス提供しているため、案件の解像度を高めることができ、案件参画後のギャップを最小限に抑えることを実現しています。

また、エンドクライアントからの直案件、あるいは元請からの案件と浅い商流に拘り手数料も業界最安水準(8%~)で設定しており、登録者の報酬を最大化する仕組みが整っています。

今後フリーランスのコンサルタントとして活動してみたいという方向けに、経験者によるご相談もご用意しております。まずはお気軽にご登録ください。

この記事をシェアする:
Shine Craft株式会社 代表取締役 濱口浩平
監修者
濱口浩平
Shine Craft株式会社 代表取締役
・2008年野村総合研究所入社、外資コンサルティングファームを経て、2015年よりフリーコンサルタントして活動開始。これまで、IT戦略、DX推進、新規事業策定、PMO、システム導入など幅広いプロジェクトを経験。
・2022年Shine Craftを共同創業
記事一覧へ戻る

CONTACT

お問い合わせ

当社には元フリーコンサルタントが複数名在籍。
今後コンサルタントとして独立をお考えの方、キャリア形成にお悩みの方からのご相談もお受けしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

無料コンサル登録はこちら