NEWS / BLOG

お知らせ・ブログ

マーケティングコンサルタントになるには? 仕事内容や年収、転職方法を解説

Contents

マーケティングコンサルタントは、企業へマーケティング戦略のアドバイスを行う専門家です。現代のビジネス環境ではマーケティング支援の需要が高まっており、比例してマーケティングコンサルタントにも注目が集まっています。この記事では、マーケティングコンサルタントの仕事内容や平均年収、転職方法などを解説します。

マーケティングコンサルタントとは

マーケティングコンサルタントとは、クライアントのマーケティングに関する専門的なアドバイスを行う職業です。ブランディング、広告戦略、市場調査といった業務を担い、企業に最適なマーケティング方法を提案します。また、すでに実行しているマーケティング施策を評価し、最適化する場合もあります。未経験から就職する人は少なく、マーケターや他種コンサルタントから転職する人が多い職種です。

専門性と需要が高く将来性がある職種

マスメディアの広告が中心だった時代と比べ、Webを活用する現代のマーケティングは専門性が増しています。さらに、IT端末の普及により、顧客と企業の接点も多様化しました。したがって、企業ごとに最適なマーケティング手法も複雑化しています。とはいえ、マーケティングに特化した部門がない企業は珍しくありません。マーケティングの支援を求める企業が多く、専門知識を持つマーケティングコンサルタントの需要が増えています。

求人から見るマーケティングコンサルタントの年収

さまざまな職業の平均年収を公表する「jobtag(厚生労働省運営)」には、マーケティングコンサルタントのデータはありません。そこで、ここでは民間求人サイトの年収例を3つ紹介します。

  • Webマーケティングコンサルタント:予定年収410万円~705万円
  • SQLマーケティングコンサルタント:予定年収600万円~1,500万円
  • フリーランスマーケティングコンサルタント:月収70万円(年収840万円)

(求人参照元:転職サイトdodaITプロパートナーズ

マーケティングコンサルタントの求人は、年収600万円以上の求人が多数を占めていました。中には、年収1,000万円を超える求人もあります。フリーランスの求人は月収70万円以上が多く、正社員と変わらない好待遇な条件で募集されています。マーケティングコンサルタントは、フリーランスとしての独立も可能な職業と言えるでしょう。

マーケティングコンサルタントが行う仕事は?

ひと口に「マーケティングコンサルタント」と言っても、担当する領域は幅広いです。コンサルタントによって、以下4つの領域すべて、あるいは専門的に1つのみ担当します。

  1. マーケティングリサーチ
  2. マーケティング戦略の決定
  3. マーケティング戦略の実行支援
  4. 効果検証と最適化

具体的な仕事内容を見ていきましょう。

マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチとは、マーケティング施策決定のため、あらゆるデータを収集し、分析する作業です。主に、統計の分析、競合調査、一般消費者へのアンケートやインタビューといった作業を行います。クライアントの顧客のニーズやターゲット層を明確化することで、現状の課題発見が可能です。

マーケティング戦略の決定

クライアントの課題を整理し、課題を解決するためのマーケティング戦略を立案します。たとえば、以下のような戦略が挙げられます。

  • 既存の販促方法の改善
  • 新規プロモーション活動
  • 顧客接点の創出
  • ブランディングの変更

こうした戦略を決定した後、具体的な実行計画を立てます。

マーケティング戦略の実行支援

マーケティング戦略の実行計画に沿って、クライアントをサポートします。広告の制作手配、新規Webサイトおよびコンテンツの制作、既存Webサイトの改善、プロジェクト管理など、戦略の実現に必要な施策を支援します。

効果検証と最適化

マーケティング戦略を実施した後は、戦略の効果検証が必要です。顧客行動、広告効果、クライアントの商品・サービスの認知度、リード獲得数といった項目を検証し、戦略の効果を評価します。戦略の中途目標「KPI」に届かないようであれば、データにもとづいて戦略を改善し最適化していきます。

マーケティングコンサルタントの職種による違い

厳密な定義があるわけではないものの、マーケティングコンサルタントは担当する領域によって職種を細分化できます。主な職種は、次の5種類です。

  1. マーケティング戦略コンサルタント
  2. ブランディングコンサルタント
  3. 広告コンサルタント
  4. Webマーケティングコンサルタント
  5. 新規事業コンサルタント

職種による業務の違いを説明します。

マーケティング戦略コンサルタント

マーケティング戦略コンサルタントとは、クライアントのマーケティング戦略を全体的に支援する職種です。クライアントの経営方針や将来的なビジョンに沿って、経営課題の解決になる戦略を提案します。

ブランディングコンサルタント

ブランディングコンサルタントは、マーケティングの中で、ブランディングを専門的に支援します。クライアントが目指すイメージ像を確定し、ブランドイメージの構築を手掛けます。ブランドロゴやWebサイト、広告の刷新のため、デザイン会社と協力するケースが一般的です。

広告コンサルタント

広告コンサルタントとは、マーケティングに必要な広告およびプロモーションの支援に特化したポジションです。CMなどのマスメディア広告に加え、「リスティング広告」「動画広告」「SNS広告」といったWeb広告も活用する戦略を提案します。

Webマーケティングコンサルタント

Webマーケティングコンサルタントは、インターネット上で行うマーケティング戦略をサポートします。Web広告のほか、Webサイトで有益な情報を発信する「コンテンツマーケティング」や、SNSを利用する「SNSマーケティング」などの戦略を立案します。

新規事業コンサルタント

マーケティングの一環として、新規事業を起こす場合もあります。新規事業コンサルタントは、クライアントの新たな製品やサービスの開発に携わり、市場調査やアイディア創出、新製品リリースといった全体的なサポートを担います。

マーケティングコンサルタントの働き方

マーケティングコンサルタントの働き方は、以下2つに分かれます。

  1. コンサルティング会社で働く
  2. 独立してフリーランスになる

それぞれの具体的な働き方を紹介します。

コンサルティング会社で働く

多くのマーケティングコンサルタントは、コンサルティング会社に所属しています。マーケターなどの他の職種で経験を積み、コンサルティングファームに転職する流れが一般的です。コンサルティングファームは、事業内容や規模によって次の3種類に細分化されます。

大手コンサルティングファーム

大手コンサルティングファームは事業規模が大きく、マーケティングコンサルティング以外にもさまざまなコンサルサービスを提供しています。そのため、戦略コンサルタントやITコンサルタントなど、コンサルタントの職種も多様です。

外資系コンサルティングファーム

外資系コンサルティングファームは、世界中にコンサルティングサービスを展開しています。所属するマーケティングコンサルタントは、グローバルな案件を担当する機会もあるでしょう。

ブティックファーム

ブティックファームは、小規模なコンサルティング会社です。多くの場合、マーケティングや医療といった特定分野のコンサルのみ行っており、専門的知識を持つ少数精鋭チームが在籍しています。

独立してフリーランスになる

すでにマーケティングコンサルタントの経験がある場合、フリーランスとして独立も可能です。フリーランスは、会社員に比べて報酬が高い傾向があるため、独立するマーケティングコンサルタントが多数存在します。

代表的なマーケティングコンサルティング会社

実際に、マーケティングコンサルタントが働いている会社を3つ紹介します。

  1. アクセンチュア株式会社
  2. 株式会社アイレップ
  3. 株式会社クロス・マーケティング

各企業の特徴を解説します。

アクセンチュア株式会社

アクセンチュア株式会社は、世界50ヶ国以上に支社があるコンサルティングファームです。日本でもコンサルタント事業を展開しており、金融やIT、食品など、幅広い業種のマーケティング戦略をサポートしています。

株式会社アイレップ

株式会社アイレップは、特化型のコンサルティングファームです。DXコンサルティングやコミュニケーション戦略立案に加え、マーケティング戦略を立案するコンサルティングサービスを提供しています。

株式会社クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティングは、Webを活用したデジタルマーケティングを支援しています。マーケティングリサーチに強みがあり、Web上の調査だけでなく、店頭調査や学術調査といったオフラインリサーチも駆使してデータの収集・分析を行います。

マーケティングコンサルタント適性がある人の特徴

マーケティングコンサルタントは、どのような人に向いているのでしょうか。適性がある人の特徴として、主に以下の項目が挙げられます。

  • 行動力がある人
  • 分析力がある人
  • 企画力がある人
  • 常に流行を追える人
  • 論理的思考ができる人
  • コミュニケーション能力が高い人

マーケティングコンサルタントは、クライアントの顧客の思考を考え、最適なマーケティング手法を提案する能力が必要です。ゆえに、マーケターとコンサルタントの双方に必要な資質が求められるでしょう。

マーケティングコンサルタントになるためにおすすめの資格

マーケティングコンサルタントへの転職を目指すなら、資格を取得して自身のスキルを証明すると良いでしょう。マーケティングコンサルタントにおすすめの資格は、下記5つです。

  1. マーケティング・ビジネス実務検定
  2. マーケティング検定
  3. 販売士検定
  4. 販路コーディネータ
  5. Webアナリスト検定

どのような資格か、順番に説明します。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定とは、マーケティングにおける実務能力を判定する試験です。マーケティング知識の難易度によってレベル分けされており、A級・B級・C級の3つの区分があります。最高難度のA級に合格すると、マーケティング戦略の立案や意思決定を担える人材と証明されます。

マーケティング検定

マーケティング検定とは、内閣府が認定するマーケティング試験です。試験の難易度によって、高い順に1級・2級・3級の試験が用意されています。基礎的なマーケティング知識を問う3級から挑戦することで、段階的に能力を高められます。

販売士検定

販売士検定とは、日本商工会議所が認定する資格です。難易度が高い順に1級・2級・3級に分かれており、初心者向けの3級では販売や流通に関する基礎知識から学べます。最終的に1級では経営企画、商品企画、マーケティングといった総合的な応用力が問われます。

販路コーディネータ

販路コーディネータとは、ブランディングや商品開発、販売戦略、製品評価といった高度なマーケティング知識を認定する資格です。資格を取得することで、クライアントに対するマーケティング戦略の提案力を証明できます。

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定とは、Webサイトのアクセス解析ツール「Google Analytics」の分析力を認定する検定です。Google Analytics以外の分析ツールも含め、具体的な使い方や情報判断の方法を体系的に学習できます。Webマーケティングに欠かせない分析ツールの知識を習得できるため、現代のマーケティングコンサルタントにおすすめの資格です。

未経験でもマーケティングコンサルタントに転職できる?

マーケターやコンサルタントの経験が一切ない場合でも、マーケティングコンサルタントに転職できるでしょうか。結論から伝えると、不可能ではありません。未経験の方は、次の3つのポイントを実践しましょう。

  1. ポテンシャル採用の求人に応募する
  2. 志望動機やポートフォリオを用意する
  3. 資格を取得する

具体的な方法を説明します。

ポテンシャル採用の求人に応募する

マーケティングコンサルタントの求人は、経験者を募集する求人ばかりではありません。一から人材を育てる「ポテンシャル採用」など、未経験者でも応募できる求人はあります。多くの場合、これまでの職歴は問われないため、マーケティングコンサルタントへ転職するチャンスを掴めるでしょう。まずは、転職サイトや転職エージェントを活用し、ポテンシャル採用の求人を探してみてください。

志望動機やポートフォリオを用意する

ポテンシャル採用の求人を探すだけでなく、面接で有利になるための事前準備も大切です。ポテンシャル採用は多くの応募がある可能性が高く、他の応募者との差別化が重要になります。「なぜマーケティングコンサルタントになりたいのか」など動機をきちんと整理しておきましょう。また、過去の仕事内容をポートフォリオにまとめておくと、自身のスキルや経験をわかりやすく伝えられます。

資格を取得する

未経験者の場合、前章で紹介した資格があれば、ポテンシャル採用では有利に働く可能性が高まります。マーケティングコンサルタントに適した資質をアピールできる上、自身の意欲も示せます。また、資格勉強の過程でマーケティングに関する知識をつけられるため、転職後もスムーズに業務にあたれるでしょう。

マーケティングコンサルタントになるには?まとめ

かつては、企業と消費者の接点はテレビCMや店舗が主流でしたが、インターネットの発達により現代の接点は多様化しています。現代に適したマーケティング手法の支援を求める企業にとって、マーケティングコンサルタントは欠かせない存在です。未経験からマーケティングコンサルタントを目指す方は、まずはポテンシャル採用の求人を探してみてください。一方、マーケターやコンサルタントの経験が豊富な方は、転職しやすいでしょう。

フリーランスのコンサルタントはTHE CONSULへの登録がお勧め

THE CONSULは、外資コンサルティングファームなどの出身のフリーランスのコンサルタント経験があるメンバーが在籍しています。利用者目線で徹底的に「こんなサービスがあったらいいな」を考え抜いた、フリーランスのコンサルタント向けマッチングプラットフォームです。

フリーランスのコンサルタント経験者がサービス提供しているため、案件の解像度を高めることに注力し参画後のギャップを最小限に抑えることを実現しています。

また、エンドクライアントからの直案件にこだわり、手数料も業界最安水準の8%~で設定しています。例えばクライアント企業から200万円/月単価で出てきた案件を、手数料を差し引いて120万/月単価でお受けた場合、クライアント企業の期待値コントロールが難しいです。しかし、THE CONSULなら手数料が安いので、ご自身の収入を増やすことが可能です。

今後フリーランスのコンサルタントとして活動してみたいという方向けに、フリーランスのコンサルタント経験者による相談もご用意しております。まずはお気軽にご登録ください。

こちらの記事もお勧めです!

この記事をシェアする:
Shine Craft株式会社 代表取締役 濱口浩平
監修者
濱口浩平
Shine Craft株式会社 代表取締役
・2008年野村総合研究所入社、外資コンサルティングファームを経て、2015年よりフリーコンサルタントして活動開始。これまで、IT戦略、DX推進、新規事業策定、PMO、システム導入など幅広いプロジェクトを経験。
・2022年Shine Craftを共同創業
記事一覧へ戻る

CONTACT

お問い合わせ

当社には元フリーコンサルタントが複数名在籍。
今後コンサルタントとして独立をお考えの方、キャリア形成にお悩みの方からのご相談もお受けしておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

無料コンサル登録はこちら